印刷に必要なプリンターについて知っておきたいこと

トナーの今後

リサイクルトナーを使うメリットとデメリットとは

プリンター印刷を頻繁に行うとトナーの減りも早くなるものです。トナーの交換時期になると純正トナーとリサイクルトナーとどちらの購入を考えますか。 純正トナーとは、プリンターを販売しているメーカーのトナーとなります。それに対して、リサイクルトナーとはカートリッジやドラムを回収し洗浄修理、それにまたトナーを充填したものをいいます。 カートリッジを回収することからエコにもなり地球環境に優しいトナーとなるのです。 しかし、純正トナーと比べて不良品率が少し高くなるのです。リサイクルトナーを販売している会社では、不良品率に対してもどのくらいの割合で出るかを明確にしています。 不良は、大体2%から3%の割合となります。 リサイクルトナーは、不良が出るということをわかった上で購入している人が多いといえます。 それは、不良が出るかもしれないといってもそれ以上にリサイクルトナーを使うメリットがあるからなのです。

地球環境とトナーの関連について

新しく買うよりもリサイクル出来るものはどんどんリサイクルしたほうがいいのです。それは、トナーにおいても同じことがいえます。 リサイクルトナーとは、地球に優しい商品ということになるのです。 また、純正トナーに比べて費用は、約10分の1くらいで購入することができます。 しかし、白い線が入ったり、印刷がきれいにできないなどのまれに不良となることがあります。 リサイクルトナーを販売している会社では不良が出ないように努力はしているのですがどうしても出てしまうということなのです。 そういう場合には、販売元の会社で補償をしているので別のトナーと交換をしてもらうことが出来ます。 それでも、会社など印刷をたくさんするところではリサイクルトナーの需要がどんどん伸びている状況なのです。 リサイクルトナーとは、まれに不良品がでる時はあるが環境問題や金銭的にも利用したほうがよいといえるトナーなのです。

Copyright© 2015 トナー買取する多くのメリット~処分の負担を軽減~ All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com